ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

投稿・コメントでポイントがもらえる!キャンペーン詳細を見る

新着一覧もっと見る

  • お線香の予算は?
    線香を持参される方々にお尋ねします。 線香はスーパーくらいしか見かけないのですが、どちらで購入されていますか? ご予算はお幾らですか?
  • 今年も蜂の季節
    私の事務所は川の脇にあり、川の向こうには小さな森があり、日当たりも風通しも良く、蜂たちには快適な環境です。幸いスズメバチではないですが、あしながバチが毎年巣を作りに来ます。予防的に4月からスプレーを噴霧していますが、それでもせっせと上手に手早く巣を作ります。今月すでに5つの巣を駆除しました。刺されたくないです。 いろいろなものと戦う季節になったのかな、と。湿度も上がり気温も上がり・・・。
  • バラが満開
    今年は、庭のバラが見事に咲いています。去年までは、枯れ枝のようで、花も咲かず諦めていましたが、今年は、ピンや、赤・白・黄色と見事に咲いています。朝から庭を見て癒されました
  • ご利用者が亡くなられたら
    皆さん、担当のご利用者が亡くなられた際はどうされていますか。 お参りに行ったり、電報を出したり、花や線香を持って行ったりと色々な所を見てきましたが、皆さんはどうですか。
  • 職場内の雑用は
    職場内の雑用をやってくれる人って決まっていますよね。 でもその働きにスポットがあたっていないのも現実ですね。いつも一人の同僚がやってくれているのに気が付き、その人が気が付くより早めにと分担してやるようになりました。 例えば、ペーパータオルのや、トイレットペーパー、消毒用アルコール、ハンドソープなどの補充です。 性格もあるのかと思いますが、皆様の事業所はいかがですか? 1人事業所もあるかと思いますが・・・。
  • 始まった・・虫刺され
    利用者さん宅訪問で、あつくなると、虫刺され(蚊・特にやぶ蚊)に注意しているのですが、昨日、利用者さんのお話を聞いていて、急にかゆみが・・・事業所に帰り、腹部あたりを見ると数か所刺されていました。ムヒ・・・手放せません
  • どこも悪くないとの診断で・・・
    独居・男性の利用者さんですが、最近、体のあちこちの不調を訴えられ、受診するのですが、どこも異常がない様なのです。足が痛い・胃が痛い・耳が聞こえにくい等、色々訴えて整形外科・内科・耳鼻科等病院受診をされるのですが、問題ないとの事。ケアマネとしてどう対応したらいいのか
  • 国・世論における高齢者・従事者に対しての配慮
    お疲れ様です。 沖縄県の特養で生活相談員として勤務しています。 タイトル通り、コロナ禍において、医療・介護・福祉従事者の高齢者様を主に対応している職員・利用者様への配慮が適当なのか議論したく投稿します。 現状の感染状況において、一般の方と、コロナ感染症に対してのズレが大きいと思います。 というのも、 ①緊急事態宣言レベルの発生状況 (国の方針により、市町村で対策は違うと思います) ②国のマスク解除の方向 (特に病院・施設では、N-95・フェイスシールドは欠かせないと思います) ③コロナをインフルのレベルまで下げる (クラスターの発生・職員の欠員状況) 高齢者、医療・福祉従事者は、現状を、どうのように捉えているのか知りたいです。
  • マスク
    常時マスクを着用するようになってから3年近くたちますが、今はこのスタイルが普通になってきており、マスクをしないと、何かしら肌着をつけ忘れたような感覚になっています。周りを見渡してもほとんどの方がマスク着用状況です。
  • 予防プランの目標期間は?
    介護予防ケアプランの有効期間ですが、うちの自治体では最長は6カ月との指示なのですが、調べてみたら多くの自治体では最長12カ月となってるみたいです。 みなさんの自治体ではどうですか?
  • やったー!脱FAX
    今年度中に脱FAXになるのですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 最新ニュースにありました。 ソフトが違っても共有できるようになり、嬉しい限りです! そのまま、事業所から来るモニタリング報告なども紙でなくクラウドなどで共有が基本となることを願います!
  • 「実態を無視した暴論」ケアマネ協会猛反発との記事
    CMOの5/18配信の業界ニュース(提供元:介護のニュースサイト JOINT)によると 日本介護支援専門員協会は17日、今後の介護保険改革をめぐる財務省の提言に対する声明を公式サイトで発表したとのこと。 ※以下記事の抜粋 「ケアプランに位置付けたサービスが福祉用具貸与のみのケースは介護報酬を引き下げるべき」「居宅介護支援にも新たに利用者負担を導入すべき」という財務省の持論に対して、今回、協会はこれに強く反発。「暴論」「国民の利益に反する」などと抗議した。 福祉用具貸与のみのケースについては、「何の理由をもって報酬を引き下げるのか不明。ケアマネジメントの簡易性を示すものではない」と批判。「給付管理サービスの数に関わらず、サービス調整に至るまでのプロセスは十分な専門的知識や知見をもってなされるものであって、その対価としての報酬に差異を設けるべきではない」と異論を唱えた。 あわせて、「ケアマネジメントの意義は給付管理サービスの数ではなく、利用者や家族などといかに接して、自立した生活を継続するうえでの課題を明確にし、その解決に向けた社会資源を過不足なく結びつけることにある」と説明。「(財務省の提言は)ケアマネジメント、ひいては現場の実態を無視した暴論と言わざるを得ない」と断じた。 一方、ケアプランの有料化については、「自然とは言い難く国民の利益に反する施策」と問題を提起。「居宅介護支援はサービスが多様な主体により総合的かつ効率的に提供されるためのセーフティネットとして全ての利用者が公平に過不足なく支援を受けられる環境を維持していくことが重要。このことは介護保険制度、ひいては社会保障制度の理念の根幹」などと訴えた。 協会は声明の中に「今後いかにして給付費の伸びを抑制できるかは私たちも懸念しているところ」とも記載した。そのうえで「介護支援専門員を中心としたケアマネジメントが円滑に実施されていくことが自立支援に資する過不足の無い給付を可能とする最善の仕組み。このケアマネジメントを今後も有効に機能させるためには、まずは介護支援専門員の就労環境と社会的地位が良好であるべき」と強調した。 とのことである。 この声明がどの位の影響力があるのか分からないが、今回のケアマネ協会の主張に関して個人的には概ね賛同するので、ぜひ協会には頑張ってほしいなと思うのだが…

もっと見る

トピックスを投稿する

在宅介護もっと見る

もっと見る

施設介護もっと見る

もっと見る

法解釈・制度関連もっと見る

もっと見る

介護・医療知識もっと見る

もっと見る

職場・仕事の悩みもっと見る

もっと見る

その他もっと見る

もっと見る

トピックスを投稿する

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ

ケアマネジメント・オンライン(CMO)とは

全国の現職ケアマネジャーの約半数が登録する、日本最大級のケアマネジャー向け専門情報サイトです。

ケアマネジメント・オンラインの特長

「介護保険最新情報」や「アセスメントシート」「重要事項説明書」など、ケアマネジャーの業務に直結した情報やツール、マニュアルなどを無料で提供しています。また、ケアマネジャーに関連するニュース記事や特集記事も無料で配信中。登録者同士が交流できる「掲示板」機能も充実。さらに介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の過去問題と解答、解説も掲載しています。