ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

トピックスを投稿する

「法解釈・制度関連」の投稿一覧

  • 陰性証明書…
    カピノパンヤ(回答数:1 閲覧数:21) 知り合いの施設が「面会は事前予約の上、陰性証明書をお持ちください」とのこと。 別件で最近薬局にて無料PCR検査を受け、「結果は3日後になります」と言われました。(基本、翌日結果出る) 陰性証明書の期限は受けてから3日間…それじゃ使えないじゃん!! その施設行くためじゃないですが、陰性証明書って今は何処へ行くにも必需品なのに…と思った今日このごろです。 ...
  • 有給休暇の疑問。
    石山(回答数:9 閲覧数:294) ある人の投稿で、 有給休暇についての疑問がありました。 あくまでも、事業者目線ですが、 基本的に、有給は事前申請で突発的な場合は欠勤扱いしても問題はありません。 それぞれの事業所での考え方はありますが、 欠勤扱いするという事は、減給されるという事ですよね。 これは、職員の不利益になるという事です。 うちでは、出来ません。 しかも、ケアマネさんが急に休んで困る事ってあるんですか。 うちは、看護師と介護員でシフトを組んでいるので、 急な休みは、確かに困ります。 その分、誰かの補充が必要な訳ですから。 スタッフは自分できちんと健康管理をしていますが、 急な場合は、誰でもあり得る事です。 うちの場合は、あくまでも後付けで有給にします。 有給の無い人は、慶弔扱いにします。 それぞれの事業所のトップの考え方次第ですが、 スタッフの不利益に繋がる事をしていると、 全国的にそうだとは思いますが、 うちの地域でも、いくらでも求人があるので、 より良い事業所に移動するだけです。 今の人材難の時代は、 働く人の考え方次第で、事業所は変化します。 就業規則一辺倒では、経営も難しい時代です。 ...
  • 自立支援の問題。
    石山(回答数:1 閲覧数:117) 最近、 LIFEでも言われていますが、 自立支援の問題です。 厚労省は、LIFEでの加算をするとしていますが、 最近は、加算ばかりで本質をついていないような気がします。 そもそも、 自立支援と言いますが、 あくまでも現場目線で言えば、 非常に難しい事です。 ケアマネさんが、自立支援に関し、どんなに立派なプランを作成しても、 実行するのは、あくまでも現場です。 国は、要介護1とか2の人を切り離そうとしているのは、目に見えています。 特に理由は無く、あくまでも社会保障費の問題。 しかし、要介護1とか2の人の問題。 現場目線で見ると随分とあるのが現実です。 確かに、自分で出来る事は自分でする、という人は沢山います。 しかし、 その逆もいる事は確かです。 自立支援とは、 身体的な問題、 おかれている環境の問題、 更に、一番重要なのが精神的な問題。 この精神的な問題が一番重要になってきます。 要介護1であれ2であれ、 依存心の高い人は何もしないのが現実です。 例えば、コールで呼ばれて、 居室へ行くと、カーテンを開けてほしい。 自分で出来る能力は十分ありますが、 それを介護者が言うと喧嘩になります。 更に、極端な例では、 入浴の際、自分で出来るのに、 陰部を洗ってくれ、 しかも、素手で洗ってくれ、 それが、お前達の仕事だろ。 お前達の給料は、俺が払っている。 (しかも、この人は生活保護です。) その様な人達に自立支援は通用するのか,否か? 更に、要介護1で車椅子。 腕組みをして、自走する気は全くありません。 口にするのは、 俺を居室に連れて行くのは、「お前達の仕事だろ」 このような人達に、自立支援は通用するのでしょか。 厚労省が、 自立支援の名のもとに、 要介護1或いは2の人を切り捨てようとしているのは、 現場目線でお見通しです。 自立支援。 それは、確かに理想ですが、 現場目線で言うと、難題ばかりです。 で ...
  • 新規開設の重要ポイント
    包括主任ケアマネ(回答数:6 閲覧数:306) 9割が失敗すると言われていることで有名な介護事業をわざわざ好き好んで開設し地獄に落ちてしまう理由を経営者200人対象にリサーチしてみた。 その結果はシンプルで「9割が失敗する」ということを知らなかったという。つまり簡単に成功できる事業だと勝手に思い込んで始めていただけだった…。 ...
  • 私、ケアマネを辞めます。
    石山(回答数:7 閲覧数:1784) 取引のあるケアマネさんから電話で、 話したい事があるので、時間を作ってください。 という事で、 本日会って話をしました。 社長、突然ですが、私ケアマネを辞めます。 看護職に戻ります。 話を聞くと、 昨年10月の新プラン検証が引き金になったようです。 プランに対する必要性の説明はいくらでもできるが、 ケアマネの専門性を全く認めていないやり方に切れたそうです。 元々ケアマネは他業種との連携により、プランを立てているのに、 今更、ケアマネ目線だけではなく地域ケア会議で再検討する。 膨れすぎた社会保障費の削減目的を、 もっともらしい名目ですり替えているに過ぎない。 こうなれば、ケアマネは必要無いも同然。 今後は、地域ケア会議の人達がケアプランを考えればよい。 しばらく前から、ケアマネは専門職なのに報酬が低すぎる、と言っていましたが、 新プラン検証により、我慢の限界を超えたそうです。 更に追い打ちをかけたのが、 2月からの介護職員の3%報酬アップにケアマネは含まれない。 専門職のはずなのに、どちらともいえない国の対応に我慢の限界を超え、それが辞める決意になったそうです。 奇麗事或いは使命感だけでケアマネはしていられない。 看護に戻ったほうが、何の不満も無く仕事ができる。 こう言っていました。 話はそれますが、 医薬分業の名のもとに始まった調剤薬局が、 コンビニの数を上回った事で、 今度は、全国の調剤薬局にメスを入れるそうです。 産めよ増やせよ、で、何の規制も無く野放し状態にしておいた責任はどうなるのでしょう。 つくづく思いますが、 場当たり的な政策はいい加減にしてほしい。 先見性など何も無い。 人工知能が日進月歩で進んでいる現在、 一番必要のないのは、 国の各省庁ではないでしょうか。 各業界を振り回す役人の必要性を問います。 話は戻りますが、 大切なケアマネの一人を失いました。 ...
  • 感染防止対策の継続支援(補助金)について…
    カピノパンヤ(回答数:3 閲覧数:202) 「かかりまし経費」という名称じゃない! 東京都の場合ですが… 年末に…しかも12/22頃に交付申請がやっとできてた? 本当に購入していいのか?とモヤモヤしていて、12/28に1万円分マスクやらを購入! 買っておいて良かった〜 申請してから1ヶ月後に振込まれるのね。 補助金申請フォームになかなかたどり着かない!それより「事務連絡」来てたのかな?? 申請締切は令和4年2月7日までです! お忘れなく!※東京都の場合です ...
  • ケアマネは既に「国家資格」?協会が過去の国会答弁を指摘
    3年目ケアマネ(回答数:9 閲覧数:571) ケアマネは既に「国家資格」?協会が過去の国会答弁を指摘というニュースがCMOで掲載されていました。 よく見ると2003年の国会答弁書の話、だとのこと… 協会は介護支援専門員の国家資格化を長年訴えてきてくれていますが、今回のこの答弁書はどのような経緯で急に注目されたんですかね。偶然なのか。 何だか印象としては、偶然見つけた過去の出来事を無理矢理手柄にしようとしているように感じられ、正直かなりダサいなと思います。 協会はどれぐらい本気で介護支援専門員の国家資格化を考えているのか? どうせここまで来たんなら、今まで現場の介護支援専門員が積み上げてきた実績を正々堂々と掲げて国家資格化を訴えてほしいです。 と感じる現役主任ケアマネです。 ...
  • 国が求めるケアマネの理想像とは?
    石山(回答数:6 閲覧数:893) それは、ズバリ厚労省の様々な締め付けに対して、 文句を言わないケアマネ。 報酬が少なくても、文句を言わないケアマネ。 これに尽きると思います。 ...
  • Vol.885は疑問だらけ。
    石山(回答数:10 閲覧数:5249) 要支援者が、要介護になっても、 総合支援を引き継ぐ…。 なんでも、厚労省の言い分によると、 要介護になった時点で、 総合支援を打ち切られる事に反対の意見が多かった、との事。 一体どれだけの件数か発表してもらいたい。 厚労省は、 最近特に締め付けが多すぎるけど、 これは、ただ単に、社会保障の財源を抑える。 それに尽きると思います。 日本は、世界一の超高齢社会。 社会保障のお金がかかるのは当たり前と考えてほしい。 現在、医療保険40兆円。 介護保険30兆円。 この先、まだまだ膨張するのは当たり前。 社会保障に制限をかける以前に、 無駄遣いしている所を考えてほしい。 例えば、 独立行政法人の限りない無駄遣い。 国会議員の自分勝手な無駄遣い。 日本のGDPは世界で第3位だが、 個人別にすると、先進国では最下位。 最下位の国の国会議員が、 先進国では世界一の報酬。 ケアカフェで、政治的な事を言うな、という意見もありますが、 果たして、本当にそうでしょうか? 国の政策に対して、物申すのは国民の権利であり、 義務だとも思います。 そもそも、日本人は政治に無関心すぎる。 皆さんは、憲法によると国民主権が定められている事を知っていますか。 話はそれましたが、 国の好き勝手な決めつけに対して、 疑問を持ち、意見するのは当然だと思います。 これは、あくまで私の個人的な意見です。 ...
  • 厚労省からの回答です。
    石山(回答数:0 閲覧数:802) ケアプラン検証について、 納得ができる回答がほしい、と厚労省に問い合わせしていた回答が、やっと来ました。 以下、回答の本文です。 石山 〇 様 厚生労働省のホームページをご利用いただきありがとうございます。 ご照会いただきました件についてご回答いたします。 今般のケアマネ事業所単位で抽出するケアプラン検証は、令和3年度介護報酬改定の審議報告において、 ・より利用者の意向や状態像に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資するよう、  検証方法として効率的で訪問介護サービスの利用制限にはつながらない仕組みが求められていることを踏まえ、 ・区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問介護が利用サービスの大部分を占める等のケアプランを  作成する居宅介護支援事業者を事業所単位で抽出するなどの点検・検証の仕組みを導入する こととされたことを踏まえ、今年の10月から施行されております。。 今般の仕組みは、利用者の状態等に合ったより良いサービスを提供することを目的とし、 介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働による検討を行い、必要に応じて、 ケアプランの内容の再検討を促すものであり、訪問介護サービスの利用制限を目的とするものではありません。 以上、何卒よろしくお願い申し上げます。 厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課 (※こちらは送信専用アドレスになります) 再質問が必要ですよね。 ケアマネの作ったプランを覆す可能性を秘めています。 ケアマネは、プランを作るための研修や、 ましてや、更新研修。 一体何のためにあるのでしょう。 おまけに、ケアマネだけの視線で作成しているわけではありません。 最後の利用制限を求めているわけではない、と言っていますが、 十分な圧力になっていますよね。 普段お世話になっているケアマネさんも言っていましたが、 プランをボランティアで埋め尽くせ、とでも言うのか! と憤っていました。 ...
  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 127
  6. 次へ

トピックスを投稿する

ケアカフェTOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ