ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

ケアマネだけど副業もやってみた

お金より、ずっと大きな“成果”が得られる仕事です!

ケアマネジャーにとっても、スキルを生かし、磨く上で、副業はとても有意義な取り組みです。実際に副業に取り組んでいる現場のケアマネさんに、本業との両立のコツやメリットなどについてお聞きしました。

  • ハンドルネーム「マロン」
  • 主任介護支援専門員で居宅介護支援事業所の管理者
  • 担当している利用者の数:25~30人
  • 手掛けている副業:要介護認定の認定調査員

取り組みはじめたきっかけは?

数年前、更新研修で知り合った知人から、「協力してほしい」と頼まれたことがきっかけです。

本業と両立のコツは?

副業を始める時、可能な範囲で対応させてもらうことを明確に伝えました。事実、依頼があっても条件に合わなければ断らせてもらうこともあります。

請け負っているのは月に1回から2回ほど。全く副業がない月もありますよ。

実際にかかる時間は、調査が1時間、移動が1時間、報告書をまとめるのが3時間くらいです。「依頼があってから1~2週間以内に調査をし、報告をまとめる」ことが大体の決まりとなっていますので、本業の空いた時間や業務外の時間をうまく活用するだけで、十分に対応できます。

副業がケアマネジメントに与えた影響

認定調査とケアマネのアセスメント業務は大変、よく似ています。いずれも初対面の人から、要領よく必要な情報を聞き取る「インタビュー力」と、相手の隠れたニーズや課題を把握する「観察力」が求められますから。それだけに、認定調査を副業として手掛けるようになったことで、ケアマネとしてのスキルも向上したように感じています。

そんな副業で、私は約1万円(月収)をいただいています。

ただ、お金よりも得られるものが多いのがこの副業です。だからケアマネなら、誰でもお勧め。スキルアップが期待できるので、機会があれば、ぜひ。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

ケアマネだけど副業もやってみたの記事一覧へ

こちらもおすすめ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ

ケアマネジメント・オンライン(CMO)とは

全国の現職ケアマネジャーの約半数が登録する、日本最大級のケアマネジャー向け専門情報サイトです。

ケアマネジメント・オンラインの特長

「介護保険最新情報」や「アセスメントシート」「重要事項説明書」など、ケアマネジャーの業務に直結した情報やツール、マニュアルなどを無料で提供しています。また、ケアマネジャーに関連するニュース記事や特集記事も無料で配信中。登録者同士が交流できる「掲示板」機能も充実。さらに介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の過去問題と解答、解説も掲載しています。