ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

「コミュ障」でもケアマネやってます!

ポンコツな私を支えてくれる2つの事

さまざまな立場の人と連携が求められるケアマネジャーは、高いコミュニケーション能力が求められる立場でもあります。でも、どんなにコミュ力が高いと自負するケアマネさんでも、人と接するのがつらいと思う時はあるはず。実はコミュニケーションが苦手というかずぴさんが日々、利用者さんや他の専門職とのやり取りに四苦八苦しながらも、現場に立ち続けるための小さな工夫をユーモラスにつづります。

昔から、クラスでも目立ちたがり屋の明るい性格でした。今でも人から好かれる方だと自負していますし、コミュニケーション能力だって、高い方だと思っていました。少なくとも、他の人は、そう思ってくれていると確信していたのです。

ところが数年前のある日、知り合いの高齢者住宅の管理者と話していた時のこと。

私「今日研修で、知らない人達とグループワークしたから、めっちゃ疲れたんです~」
管理者「だろうね。そうゆうの、苦手そうだもんね!」

ああ…そうなんです。自分では気づいてはいたんです。でも、他の人にもばれているとは。

実は「コミュ障」な私。本当はちょっとした雑談も苦手です。会話となると、緊張し過ぎて聞かれてもいない自分の事を喋り過ぎてしまい、その場が変な空気に包まれることもしばしば。モニタリング訪問が続く時期は、毎朝が憂鬱です。特に新規の方の初回訪問はしんどい。家族から突っ込んだ質問をされると「あああ、あうあう〜」と、言葉に詰まり汗だくになってしまいます。サービス担当者会議で饒舌な訪問看護師さんに、司会を乗っ取られたこともありました。

思い返せば、ポンコツで痛く、しんどいエピソードばかりですが、特にしんどいのは、連絡が頻繁すぎる利用者さんです。

例えば、私のケアマネ人生TOP3に入る、超絶ワガママな利用者さんの場合。ヘルパーさんを次々と辞めさせているのに、なぜか私だけは気に入り、頼りにしている女性でした。頼られるのはいいのですが、その電話攻勢が半端ない!「転んで立てない」とか「いま、つまらないから来て話をして」とか「来るついでに買い物してきて」といった電話が昼夜を問わずかかってくるのです。それも本当に誰とも話したくない日に限って。

もちろん、すべての依頼に応じるわけではないです。買い物についてはケアマネの業務外であることを説明し、断りました。でも「転んで立てない」と言われれば、訪問しないわけにはいきません。(逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…!!)と、某人気アニメの主人公の名セリフをつぶやき、自分を鼓舞して利用者さんの家に向かいました。

幸い、利用者さんは転んでいただけで、ケガもなく元気でした。利用者さんを助け起こし、他愛のない話をして帰ろうとすると、利用者さんが「あんたと話すと元気が出るんだよ」とうれしそうに声をかけてくれました。

その言葉で、思わずにやける私。(私から、たっぷり元気と時間を吸い取っておいて、それはないだろう)とも思いましたが、それ以上にうれしいという気持ちの方が大きかったのです。

コミュ障でポンコツな私が、ケアマネの仕事をやめられないのは、たぶん、このあたりに理由があります。キレイごとに聞こえるかもしれませんが、時々いただく利用者さんからの励ましが、ジワジワッと心に沁み入り、仕事への意欲を育ててくれているのです。うれしい言葉をもらうと、涙目になることだってあります。まあ、そんなことはたまにしかありませんが。

あと、仕事への意欲を育てる上で大切なのは毎日のお酒。夜、リビングで美味しいお酒を飲んでくつろぐ瞬間を想像し、今日も自分を奮い立たせています。

かずぴ
旦那さんと亀と、とある地方在住。お酒と映画と音楽をこよなく愛する50代。グループホームにて介護職と施設ケアマネを経験。その後、居宅ケアマネに。居宅ケアマネとしては6年目。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

「コミュ障」でもケアマネやってます!の記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ