ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

現場レポート

デイサービスに行ってきました 都会の真ん中に「大人の学校」開講!

都会の真ん中に「おとなの学校」開講!港区南青山に出現した、高齢者が集う「おとなの学校」。そこでは毎日、国語や算数などの授業が繰り広げられ、通知表もあれば遠足もあるといいます。その正体は、れっきとした「デイサービス」でした。今回は、その開所式におじゃましました。

誰もが通ったものだからこそ意味がある

おしゃれなカフェやセレクトショップが立ち並び、一歩路地を入るとそこは閑静な住宅地。そんな東京都港区南青山に6月1日、「デイサービス おとなの学校」がオープンしました。運営するのは熊本県熊本市で介護老人保健施設や在宅支援事業を展開するピュア・サポート・グループ(医療法人社団大浦会)。

この日は開所式と模擬授業が行われ、同法人による初の都心でのデイサービス進出に、会場には立ち上げに携わった関係者や区議会議員、地域の自治会長らがお祝いに駆けつけ、運営側の関係者は希望と期待に満ちた笑顔で対応していました。

名称に「学校」と冠しているとおり、「デイサービス おとなの学校」では、学校の授業のように朝礼やラジオ体操からはじまります。授業は国語、算数、理科、社会、体育、音楽、家庭科など、時間割が決まっていて、認知症の方に対する専門的な指導方法を学んだスタッフが担任となって、授業形式で脳リハビリや回想法などの機能訓練が提供されます。

「もっと楽しく・元気に・いきいきと、高齢者のための学舎で」をモットーに、授業形式というユニークなデイサービスを展開するピュア・サポート・グループ代表の小山敬子さんは、「学校は誰もが通い、さまざまな経験を積んできた学び舎です。昔を懐かしむ、童心に帰るなど、年齢も考え方も異なる高齢者の皆さんが集う場として、学校ほどふさわしい場所はないと考えています」と、サービスコンセプトを語ります。

長谷川式スケール9点から24点にアップ!

「デイサービスおとなの学校」の授業は、本拠地・熊本の老健「おとなの学校」でも採用しているくもんの学習療法の教材を使って行われます。この教材は、大人の脳トレ(脳を鍛える大人のDSトレーニング)でおなじみの川島隆太・東北大学教授が会長を務める学習療法研究会によって開発されたもの。

内容は、「読み・書き・計算」を中心とする学習を、学習者(利用者)と指導スタッフがコミュニケーションを取りながら行うことで、学習者の認知機能やコミュニケーション能力、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善が図れることが実証されています。

この「学校形式」はすでに全国各地の老健で採用されており、認知症だった利用者が、「人の名前が覚えられるようになった」「表情がとても明るくなった」「妄想がなくなった」「他人へ優しく接するようになった」「長谷川式スケールが9点から24点になった」などのうれしい変化が現れています。

「折り紙を折ったりお遊戯のようなことをさせられる」と敬遠しがちな男性の方も、日直当番、通知表など、目に見える形での役割や達成感が実感できる「学校」には、積極的になられる方が多く、この日の「模擬授業」にも、早速、利用を検討されている方が見学に訪れ、授業に参加していました。

利用者を選び、利用者に選ばれるデイサービス

授業は、黒板があり机が並ぶ、まさに「教室」で行われます。指導者である「先生」は校章のついた揃いのブレザーを着用し、わかりやすくやり方を説明していきます。利用者は一方的に授業を受けるだけでなく、自らが日直となり、毎時間の「起立・礼」の声かけなど、さまざまな仕事の分担もあり、責任を果たすことが自立機能の支援に寄与するといいます。

指導者は、3カ月ごとの目標(ケアプラン)に沿った「通知表の発行」(甲・乙・丙・丁で評価)や、ふだんの学習成果や課外活動を同級生や家族の前で披露する「成果発表会」などイベント性も高く、日々の積み重ねの成果を確認できることも、利用者の積極的な参加につながっているようです。

「デイサービス おとなの学校」は、もちろん一般のデイサービス同様、食事、入浴サービスの提供もあり、元気が出るビタミンカラーのキッチンでは、土地柄、目や舌の肥えた利用者のために専属料理人が腕を振るいます。

おわりに

「デイサービス おとなの学校」には、早くもケアマネジャーからの問い合わせも多く、スタッフは確かな手ごたえを感じているようです。介護事業者も生き残りをかけて、常に新しい「選ばれるサービス」を模索していかなければならない昨今。このような特徴あるデイサービスは、利用者が限定されるだけに万人向けとは言えないかもしれません。しかし自分にフィットすると感じる利用者にとっては、まさに「自分のためのデイサービス」になるのでしょう。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

現場レポートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ