ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

医療基礎知識

【流行前に万全の備えを】高齢者のためのインフルエンザ予防対策

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型がありますが、流行的な広がりを見せるのはA型とB型で、潜伏期間は1~3日間程度です。急激に発症し、症状は風邪と似ていますが、全く異なるものです。
高齢者や、呼吸器、循環器等に慢性疾患を持つ人、糖尿病などの代謝疾患、免疫機能が低下している方では、原疾患にも悪影響を与え、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなります。 インフルエンザで亡くなるのは、こうした「二次的感染症」や「肺炎の悪化」が原因となることが多いので、素人判断は禁物です。

インフルエンザの正体と症状

インフルエンザと風邪の違い
  インフルエンザ 風邪
初期症状 発熱・悪寒・頭痛 上気道(鼻・咽頭など)症状、くしゃみ、鼻汁
発病 急激に発症 ゆっくり
発熱 38~40℃の高熱 ないか37~38℃程度
全身症状(筋肉痛、関節痛、全身倦怠感など) 強い ほとんどない
インフルエンザを予防するための5ヵ条(厚生労働省推奨)
1)流行前のワクチン接種

ワクチンを摂取しても、その年の流行が別の型のウイルスだったということも、まれにあります。しかし、インフルエンザワクチンは、かかった場合の重症化防止に有効と報告されており、わが国でもワクチン接種をする方が増加しています。

2)外出後のうがい・手洗い

外出後の手洗い、うがいは一般的な感染症の予防のためにもおすすめします。とくに手洗いは手指など体に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず感染予防の基本です。

3)適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。
十分な加湿ができない場合は、不織布製マスクを着用し、気道の乾燥を防ぎます。マスクは就寝時や外出時にも有効です。

インフルエンザを予防するための5ヵ条

4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

5)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や基礎疾患のある方、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。 やむを得ず外出する場合には、飛沫などを防ぐことができる不織布製マスクを着用し、人混みに入る時間は極力短時間にしましょう。

インフルエンザの予防接種

予防接種法により、市町村は下記の対象者にインフルエンザの予防接種を行わなくてはいけないと決められています。

<対象者>
(1)65歳以上の者
(2)60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有するものとして厚生労働省令で定めるもの。

<費用補助など>
予防接種を受けるかどうかは本人の意思次第ですが、上記対象者は接種費用が市区町村による公費負担されている場合がほとんどです。
接種期間や費用などは、お住まいの市区町村の保健センターやかかりつけ医に問い合わせましょう。

それでも感染したら

予防接種をしていても、その年流行する型と異なるなどで、インフルエンザに感染してしまうことはあります。39度前後の高熱や特徴的な症状が出た場合には、早めに最寄りの医療機関を受診しましょう。受診時は他の患者さんへの感染を防ぐために事前に連絡し、込み合わない時間帯の受診を予約するとよいでしょう。もちろんマスク着用は必須です。
インフルエンザに感染しているかどうかは、鼻腔粘膜を綿棒でこすり、検査キットで判定します。結果は15分程度で判明し、陽性の場合は薬が処方されます。

抗インフルエンザ薬について

抗インフルエンザウイルス薬には、イナビル、タミフル、ラピアクタ、リレンザなどがあり、発症から48時間以内に服用を開始しないと十分な効果が期待できません。 通常5日分処方され、効果ある場合には通常服用2日までに80%の方が解熱しますが、解熱した後もインフルエンザウイルスは排出され続けているため、たとえ熱が下がっても薬は最後まで服用しましょう。

また、抗生物質などの抗菌薬は通常、インフルエンザウイルスには効きませんが、高齢者や体の弱っている人などは、インフルエンザにかかることにより、ほかの細菌にも感染しやすくなっています。このため、細菌にもウイルスにも感染する(混合感染)ことによって起こる肺炎、気管支炎などの合併症に対する治療として、抗菌薬等が使用されることがあります。

体温チェックで観察を

高齢者は自ら症状を訴えないことも多いため、インフルエンザが流行する時期は、こまめに体温を測るようにご家族やヘルパーさんに伝えておくとよいでしょう。そして、「予防5ヵ条」をよく守り、感染が疑われたら、即、受診をすすめましょう。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

医療基礎知識の記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ