ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

医療基礎知識

高齢者の冬の肌とかぶれ対策

なぜ「かぶれ」は起こるの?

下着や靴下のゴムの締め付け部分がかゆい……、あるいは腰や肩に貼った貼付剤の跡が赤くなってかゆい……。こんな思いをされているご利用者さんは、多いのではないでしょうか。 高齢者には、コルセットやサポーターを使用している方も多く、常に同じ場所を強く圧迫することで、皮膚に強い摩擦が生じ、その跡がくっきりと赤く盛り上がってしまう方もよく見受けられます。
小さな虫刺されでもかゆくてたまらないのに、かゆみの範囲が広かったり、手のとどかない部分がかゆくなったりすると、いてもたってもいられなくなるものです。

なぜ「かぶれ」は起こるの?

こうした肌のかぶれ(湿疹性の炎症反応)の原因には、外からの刺激によって起こるかぶれ(接触性皮膚炎)と、内面的な因子(内因性)が原因で起こるものがあります。
外からの刺激で起こるかぶれには、繊維や金属、化学物質などのほか、日光や乾燥、寒さ・暑さなどが原因となることもあります。空気が乾燥する冬季シーズンには、特に高齢者の肌の状態は乾燥し、刺激に弱くなるため、注意が必要です。
内面的な要因では、アレルギー体質、内臓疾患などが原因でかぶれが起こることがあります。また、「もともとアレルギー体質(内因性)なので、いろんなものにかぶれる(外因性)」と、両方の因子が原因の場合もあります。

かぶれ(接触性皮膚炎)はなぜこわい?

外からの刺激によって起こるかぶれは、「接触性皮膚炎」といい、基本的には物質が触れた部分に限定され、かゆみやヒリヒリ感を伴う発赤、発疹、丘疹(きゅうしん=皮膚が丘のようにわずかに盛り上がること)、水疱などの症状があらわれます。

かゆみがあると、ついかきむしってしまい、かくことが刺激になってさらにかゆくなるという悪循環に陥ります。 また、深夜や早朝など、半覚醒状態のときに、本人も無意識のうちにかきむしっていることがあり、いつのまにかかき壊して傷やかさぶたになっていることがあります。 傷ができてしまうと、そこから細菌などが進入し感染症を引き起こしたり、部位によっては褥瘡(床ずれ)につながることもあるので、寝たきりなど、重度の要介護状態の方には十分な観察と管理が必要です。

入浴介助や着替えを手伝うヘルパーさんは、褥瘡だけでなく、肌のかぶれにも常に注意を払い、発赤やかき壊した傷などを発見したら、まずはご家族へ、そしてケアマネジャーやサービス提供責任者へも速やかに伝えましょう。
ご家族が発見した場合、訪問看護サービスを利用しているなら訪問看護師に、それ以外の場合はかかりつけ医に相談するか、最寄りの皮膚科を受診しましょう。

かぶれを予防するには?

かぶれを予防するには、まずは原因物質を特定し、それらが皮膚に直接触れないようにすることが大切です。
コルセットやサポーターによる圧迫が原因の場合は、一カ所だけに圧がかからないようにする、緩める時間を多くするなどを試してみましょう。貼付剤やパッチ剤でかぶれた場合は、貼る場所を変えてみて、それでもかぶれるようなら、同様の効果・効能で、他の形態(塗り薬、飲み薬など)はないかどうか医療機関に相談しましょう。

下着など、直接身につけることが前提のものに関しては、新しいものは界面活性剤を含まない洗濯石けん(合成洗剤でないもの)で一度洗濯をし、糊などの化学成分を落としてから着用する、化繊を含まないものに変えるなどの工夫をしましょう。 ゴムなどの締め付けが強い場合は、細ゴムを平ゴムにするなどして、接触する面積を狭くする工夫をしましょう。
そのほか、アレルギー性の場合は、医療機関で血液検査やパッチテスト(推測される原因物質を皮膚に載せて密封し48時間観察する)で、アレルゲンを特定できるので、確実に原因物質を排除することができます。

かぶれない肌への一歩は「清潔な肌を保つ」こと

かぶれを防ぐためには、常に肌を清潔に保つことも大切です。汚れた肌は雑菌などが繁殖しやすく、かき傷などができれば、あっという間に化膿してしまうからです。
清潔を保つには、入浴が一番です。脱衣場が寒い、着替えが大変などの理由から、冬季の入浴をいやがる高齢者は多いですが、かぶれやかゆみのない肌を保つためにも、冬こそしっかり入浴し、余分な皮脂や汚れを落とすようにしましょう。

入浴の際には、刺激の少ない保湿剤入りの入浴剤を使用すると、湯上りの肌の乾燥を最小限にすることができます。 また、体を洗うための石けんは、低刺激の弱酸性石けんを選び、よく泡立てて泡でやさしく包み込むようにして洗いましょう。
万一、かき傷などができている場合は、そこはぬるま湯でさっと洗うだけにとどめます。

かぶれない肌への一歩は「清潔な肌を保つ」こと

貼付剤、パッチ剤を使っている場合は、はがした直後の入浴だと、お湯が刺激になってかゆくなることがあるため、入浴30分前にはがしておきます。 そして入浴後は十分に水分をふき取り、肌表面が乾燥したことを確認してから貼るようにしましょう。

とくに乾燥しがちなこれからの季節は、肌の乾燥を防ぐために保湿クリーム等を利用してもよいでしょう。 肌の清潔を保ってもなお、かゆみがとれない場合は、炎症を抑えかゆみを鎮める市販の塗り薬を使用してもよいですが、基礎疾患によっては使えないものもあるため、心配な場合はかかりつけ医に相談しましょう。 市販薬を使って1~2週間たってもかぶれの症状が治まらない場合は、かかりつけ医、あるいは皮膚科を受診しましょう。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

医療基礎知識の記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ