ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

CMO意識調査

「嫌がらせ。介護保険改“悪”」法改正への厳しい評価

4月19日から23日にかけて、ケアマネジメント・オンラインのケアマネ会員向けに「2021年の法改正」に関するアンケートを実施しました。ご回答いただいた皆様にお礼申し上げます。満足度を10点満点で評価いただき、結果は以下のようになりました。

2021年の法改正、満足度は?

2021年の法改正、満足度は? 期間:2021/4/19~2021/4/23
調査パネル:「ケアマネジメント・オンライン」に登録する会員ケアマネジャー
調査サンプル数:566名

また、「評価の理由」を自由記述にてお伺いしました。その結果、たくさんの貴重なご意見をいただきました。今回は「0点~2点」と評価した理由を紹介します。

2点

  • 一番、問題なのは逓減性だと思います。1人のケアマネで、45件はかなり厳しく、きめ細かな支援をするには限界があると思います。できたら、利用者1人あたりの単価を上げてほしかったです。それに大規模デイと通常規模型デイの利用者の公平性を記すため、とのことですが、そもそも、大規模デイの単位数を減算にしたことが間違いだと思います。大規模にするには、それなりにコストがかかりますし、あえて、そこで減算をしてしまったので差がうまれ、混乱が生じているように感じます。 自由競争の時代なので、資本を投入して、採算に合うと、大規模デイにしたり、採算を考え通常規模にしたり、選択しているわけで、利用者もそれを選択して決めていると思いますので、大規模の減算は必要なかったと思います。(居宅系)
  • 自宅で入浴環境が整わないからデイで入浴しているのに、施設入浴介助の手間を軽視した改正には大いに不満がある。また前6か月の訪問介護・通所介護等の割合や上位三位の利用者側への通知義務など不毛な作業が増えて日々の業務負担は増すばかり。ケアマネの責務は肥大化し、報酬に十分反映されない。これではワーキングプア状態である。(居宅系)
  • ○退院時連携加算Ⅲ・ターミナルケア加算の要件はまだまだ厳しい。通常の連携ではなかなか人員や数が揃わない。 ○通院時の付き添いに関する加算は有難いが、50単位は少ない。 ○書類の簡素化とは表面だけ。同じような内容を複数の様式に記載するような二度手間的なマネジメントプロセスや書式をもとシンプルにしないと、業務省力・ペーパーレスは進まない。 ○そもそも「何のためのケアプランなのか」の出発点に戻れば、形式的な書類や流れの形に拘らなくても、多職種連携ができていることが分かればそれでマネジメントプロセスは経ているはず。 役所は、明文化された文字やその内容の解釈に拘り過ぎ。福祉や介護の流れ(歴史)を理解した上で、何のために介護保険や支援の制度が存在するのかを考えてほしい。(居宅系)
  • 半年間使った事業所の説明責任ってなんですか? 勝手にLIFEとかどんどん煩雑な仕事が増えて何を生業として仕事しているかわかりません。(居宅系)
  • 前にも増して現場をわかっていない改正。(施設系)

1点

  • ご利用者様に関係のない、集中減算の説明をしなければいけない事。 毎回説明しているが「関係ないよね?」って言われてしまいます。(居宅系)
  • 事務作業量が増える一方で、現場に関わる時間をとることが大変になる。免許を取ったばかりの人は、おそらくやらなければならない事務作業を覚えるだけでも大変となり、ケアマネジメントそのものの力量が付かない。その前にバーンアウトしてしまう人もいる。これから高齢化時代に入るのに、評価を重んじるばかりで、管理しすぎている。(居宅系)
  • 複雑になり、上がった報酬もあれば下がったものもあるが、わずか1単位の単価変更のために、3か月分の利用票を作り直し、紙代、インク代、労力を考えると大きなマイナスにしかならない。 しかも、利用者への説明はすべてケアマネジャーに委ねられており、仕事は増える一方である。(施設系)
  • やることが多くなり、かつ煩雑になって行く。 特にケアマネに関しては資格を維持する為にコストと多大な時間を役に立たない研修などに割かなければならず、高齢化して行くのは当たり前だと思う。介護現場の分かっていない人たちの考える事はわかりません。(施設系)
  • 結局、脱ハンコになってないし、公正中立のための6ヶ月に一度の説明も増えるし脱ハンコには程遠く業務の負担軽減にはならない。(居宅系)
  • 介護報酬プラス改定の筈が、リハビリに努力している通所介護にとっては大きなマイナス改定になりました。押印廃止、メールで可。高齢者はメールどころかスマートフォンさえ持っていません。悪徳な居宅介護支援事業所にとってはやり放題出来るかもしれませんが…。(居宅系)

0点

  • ケアマネの手間が増えただけ。意味がわからない改正!!(居宅系)
  • ケアマネに対するハードルを上げすぎではないでしょうか?国がケアマネの制度を廃止するつもりならこの改正でも構わないと思います。(居宅系)
  • LIFE推進というが、労力に比べて報酬が少ないと感じたから。居宅と連携したくても、居宅は訪問しなくても報酬がもらえるようになっているので、会議の開催も満足にできない状態です。(施設系)
  • 加算が取りにくいプラス改定となっている。 チェイスも手間が増えるだけで、実用的ではなさそう。 デイサービスの大規模施設や有料老人ホームなどの締め付けでますます給与が払えず介護施設が倒産し、介護離れでますます人手不足となり悪循環となりそう。(施設系)
  • 嫌がらせみたいな法改正(居宅系)
  • 基本が上がっても、加算が廃止などで、手間などがかかる。法改正で毎回振り回さられる。(施設系)
  • ケアマネの手間が増えただけ。意味がわからない改正!!(居宅系)
  • 家族に利用割合を説明しても、理解してもらえず、何の意味があるのか分からない。居宅の利用料が上がっても給料には反映されず何の意味もない。どうせなら処遇改善にして欲しかった。(居宅系)
  • 一人居宅でも事務員等がいないと意味がない! 重説も変更点が多く補充が必要。 加算が多く意味がわからない! (居宅系)
  • 居宅介護支援の処遇改善が全く日の目を見ておらず、賃金改善に結びついていない。 特定事業所集中減算は廃止されないばかりか、質の向上という名目で、6ヶ月ごとの利用者へのサービス事業所の割合説明しなければならず、行わないときには減算対象となる等、何の意味もないことばかりであり、まさに介護保険改悪である。(居宅系)
  • ぜんぜん現場をわかっていない改正だから(居宅系)

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

CMO意識調査の記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ