ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

投稿・コメントでポイントがもらえる!キャンペーン詳細を見る

なぜ、ケアマネは処遇改善されないか?(レス数:4件)

  • Facebookでシェア ツイート LINEで送る

CMOの行政ニュースを見ましたか?
「社会保障を支える人材の確保」
これが重要だそうです。

しかし、ケアマネの平均年収。
393万円。
厚労省のデータです。
一般介護職、315万円。
ともに、
日本の平均年収460万を大幅に下回っています。
それでも、
一般介護職よりは多い。

要するに、
厚労省のいつもながらの間違ったデータで、
ケアマネの処遇改善は必要ない、と言っても良いでしょう。
介護現場の人手不足は、百も承知です。
だから、介護職員の処遇改善をする。

しかし、
ケアマネは余っている、という間違ったデータ。
不満があるのなら、元職に戻れ、とでも言うような・・・

保育、介護、障害などの福祉の職業。
すべて、低賃金です。
約300万人。
福祉の仕事は、所詮、高給を取れない連中の仕事。
これに不満があるのなら、
高給を取れる仕事をすれば良し。
国のそんな考えが、垣間見れませんか?

介護保険制度が始まってから、
厚労省は、いつも後出しジャンケンです。
財務省は、国の借金しか言いません。
それで、
福祉という社会底辺の職業をあざ笑っています。

財務省は、国の借金が1000兆円になった、と。
国民を脅し続けています。
しかし、
国民の預貯金が2000兆円ということは口が裂けても言いません。

年収200万円以下の人が、1000万人以上います。
お金を使いたくても、
使えない人がこれだけいるということです。
これで、どのようにして経済を回そうというのでしょう。

老後、年金だけでは足りないから2000万円必要。
これを言われると、
お金を持っている人は、貯め込むだけです。

福祉関係の職業の報酬を倍にする。
その方が、よほど経済が回ります。

結論として、
介護保険制度は、
経済をストップさせる制度に過ぎない、ということです。

保育、介護、障害で働く人達。
疲れ果てています・・・

どうせ、
お年寄りのケアにちょっと疲れた奴のカフェの片隅での呟きです。
放っておいてください。

続きを読むには会員登録(ログイン) が必要です。

初めての方は新規会員登録

レスを投稿する

ケアカフェTOPへ戻る

ケアカフェTOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ

ケアマネジメント・オンライン(CMO)とは

全国の現職ケアマネジャーの約半数が登録する、日本最大級のケアマネジャー向け専門情報サイトです。

ケアマネジメント・オンラインの特長

「介護保険最新情報」や「アセスメントシート」「重要事項説明書」など、ケアマネジャーの業務に直結した情報やツール、マニュアルなどを無料で提供しています。また、ケアマネジャーに関連するニュース記事や特集記事も無料で配信中。登録者同士が交流できる「掲示板」機能も充実。さらに介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の過去問題と解答、解説も掲載しています。