ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

投稿・コメントでポイントがもらえる!キャンペーン詳細を見る

新着一覧もっと見る

  • ホタル観賞
    友達から、ホタルが出たから見に来ないかと言われました。 人間観察するくらい観賞の方が多いそうです。 癒しを求める人が多いのですね。 ホタルのように命を一生懸命生きたいものですね。 皆様のお近くはホタル見られますか? ちなみに、こちらは埼玉県北部です。
  • ハス
    近所のため池にハスの花がきれいに咲き始めました。この花を見ると盆を連想します
  • 認定更新の利用者が…
    ケアマネあるあるなのかもしれないけれど、認定更新の利用者が妙に偏る月ってありません?私の場合、それが今月で、認定更新の利用者が9名。現在予防も含めて45名以上担当しているのですが、約5分の1の利用者の更新が今月に集中するってどうなのよ!!って感じです(1年って12ヶ月もあるのに…)。アセスメントの訪問にプラン作成、担当者会議の調整だけでヘトヘトな感じなんですが、これにプラスして予防プランの定期の見直しや予定外のプランの変更、入退院の対応等があったりして、めちゃくちゃバタバタしている状況(そりゃ、こんな状況でも問題なくこなせる人もいるとは思うけど…私には激務過ぎる)。どうにもならないとは思うけど、逆に更新の利用者が少ない月もあるのですが、もっと更新の利用者が平均的にばらけてくれないかとつくづく思う。 認定更新時にプランを見直し担当者会議を開催しなければいけないことは重々承知しているのですが、認定更新の月に必ずアセスメントの訪問をしなければならない根拠みたいなモノってあるの?毎月モニタリングの訪問をしている訳で、状態の安定している人ってそれをアセスメントとして、更新前月までの評価で(更新前月に利用者、家族の意向等も確認しておいて)更新月にはアセスメントの訪問無しでプランの見直しをするって駄目なのかなぁ?アセスメントで訪問し、改めて当月に担当者会議で訪問するって単純に通常の倍の訪問の手間がかかり、更新の利用者が多い月ってめちゃくちゃ負担が大きくなるんですけど…こんな時にケアマネの更新研修があったりしたらと思うとゾッとする(運転免許証の更新とは重なってしまったが…) もっとケアマネの負担を減らす方策を検討してもらいたいなぁ…ケアカフェをゆっくり読む暇もありません… おまけに6月って雨が多いし蒸し暑いしで仕事のモチベーションがダダ下がり… そんな愚痴を言っているうちにもう6/27になっちゃったし…あと4日…なんとか乗り切らねば… ※因みにアセスメントとモニタリングの違いを調べてみたら、アセスメントは「利用者の現在の状態を把握し、生活のニーズを把握すること」が目的で、モニタリングは「居宅サービス計画の実施状況を把握すること」が目的とのことで、全く違うものらしいです。 てことは、やっぱり一緒にしちゃダメなのかぁ…
  • へこみます
    介護病棟にいた時もそうですが、入退院支援室へ異動となり一般病棟の患者さんと関わる中で、若くしてガンで亡くなったり、元気に回復していたと思っていた方が急変して亡くなったり…へこみます。同じ人間に生まれてきても、なりたくもない病気にかかったり、犯罪に巻き込まれたり巻き込んだり、いじめられたり…。最近は家で飼ってる亀を見るだけでも「こんな狭いゲージの中で一生懸命生きてるなー」と何を見ても切なくなり、涙が出そうです。またまた愚痴?でした。
  • 新規の方の相談です
    双方が再婚どうしの方で妻には2人の子供が、夫の方も2人のお子さんがいます。 妻の方のお子さんとは再婚してから音信不通になっており、夫が電話をかけても出たことがないし、生きているのかもわからないそうです。 夫の方のお子さんは1人は仕事が忙しく連絡が取れず、一人は何かあった時に来てくれますが、父のことしかできませんとのことでした。 (ちなみにお子さんたちの交流は全くなく、顔も名前も知らないそうです) 今回、夫が末期がんになり、余命宣告をされています。 妻は認知症と精神疾患があり、日常生活を一人で行うことはできません。 夫は、最後まで2人で自宅で生活をしたいと言いますが、最後まで自宅で生活をすると、本人が施設に行こうと思っても、身内がいないため契約ができず成年後見人を市町村申し立てを行う必要があります。 私は、夫が亡くなる前に施設入所を夫に契約をしてもらい、同時進行で成年後見の申し立てをして、妻の生活基盤の確保をしたいと思っています。 他に何かいいお知恵があったら拝借したいです。 ちなみに2人とも相談はあり、病院からの電話もあったりしますが、サービスを利用しておらず支援費はいただいておりません
  • 介護認定審査会の開催日程
    この6月の介護認定更新者が4名あり、審査会の開催日について、2名は今月の中旬、1名は29日、1名は7月上旬と確認しました。これまでも疑問を感じていたのですが、特に問題に思うのは29日の方です。この方は現在要介護1ですが、要支援になる可能性が半々で、どちらにしても認定結果を確認してから30日までに(ほぼ1日で)サー担、ケアプラン交付等の一連の業務を行わなければなりません。要支援になったら委託契約とか包括も絡むのでより大変になります。7月上旬であれば暫定プランを作成すればよいので、ある意味で余裕があると思います。末日及びその1日前の開催日はできたらやめてほしいのですが、皆さんどう思われますか。 ケアマネジメントはタイムマネジメントでもあり、審査会の日程は自治体と審査員(特に医師の都合)で決められることが多いと推測します。審査会は非公表ということになっていますが、認定結果や認定期間とか不満に思っていてもそれを改善する仕組みは実際にはありません。既得権益のようにメスが入りにくい部分と感じます。介護保険制度の改定は介護報酬等の表面的な部分が多く、前回は業務外の仕事がどれだけ多いかという業務負担の議論もありましたが、ケアマネにとってはこういった部分の精神的負担もかなり多いと思っています。
  • 短期目標の見直しについて
    他居宅の前任者から担当を引き継いだ時に、前任者のケアプランを確認したら、第2表の最後に「短期目標に変更がない場合はそのまま継続する」と記載がありました。わたしたちの居宅では、各サービスへ照会し、期間を変更して作成、利用者にサインをいただき、サービスへお渡ししています。なるべく、手間のないように行えたらと思いますが… 皆さまはどのようにすすめていらっしゃいますでしょうか…
  • サービス利用拒否の放置による自死
    障害福祉サービスから介護保険に移行後、要支援→要介護になり地域包括支援センターから民間の居宅介護支援事業所に移行したものの、介護保険サービスの利用拒否が継続し、自死されたケースがあります。いわゆるネグレクトですが、サービスの利用拒否がある場合、厚生労働省は「回数を重ねて居宅を訪問し、状況の把握や信頼関係の構築に努める」よう答申しています。しかし、それすら行われなかった。介護保険被保険者証の有効期限が切れる時ですら、何の連絡もしていなかった。 ソーシャルワークの視点から見てもこれは惨事だと思います。 確かにケアマネジメントは契約に基づくサービスですので、契約がなされなければサービス提供はできませんし、何の報酬もありません。 ただ、地域包括支援センターには、そうした方たちを見守る役割があるはずです。しかしそれもされなかった。 超高齢化社会になり、また高齢障害者が増え、自ら適切なSOSが出せない人が増えていく中でのケアマネジメントのあり方や地域の潜在的なニーズの掘り起こし、危機的介入を要する人たちの増加について、何ができて、何ができないのか、一緒に考えていきたいです。
  • 台風の影響
    蒸し暑く、車のエアコンもききが悪く、外出すると気分がわるくなりそうです。台風の影響かしら・・・
  • ステイン
    皆さんは歯についたステインはどうしていますか? 私は気になると年に1回程度、歯科でクリーニングしてもらったりしていました。しかし、ここ数年、忙しさにかまけて行っていませんでした。そして、この間、市販のステイン専用のスポンジこすって取り除くものを購入しやってみたのですが、うまくいきませんでした。歯並びが悪い所にステインが溜まるのですが、その部分に購入したこするスポンジは大きすぎで届かず磨くことが出来ませんでした。 皆さんはどんな風にケアしていますか?

  • 利用者宅やサービス提供事業所、市役所など業務で伺う際、荷物をリュックサックに入れ背負って訪問するのはアリですか?
  • 暑い
    朝からとにかく暑い、じっとしていても、汗が・・・熱中症、要注意ですね

もっと見る

トピックスを投稿する

在宅介護もっと見る

もっと見る

施設介護もっと見る

もっと見る

法解釈・制度関連もっと見る

もっと見る

介護・医療知識もっと見る

もっと見る

職場・仕事の悩みもっと見る

もっと見る

その他もっと見る

もっと見る

トピックスを投稿する

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ

ケアマネジメント・オンライン(CMO)とは

全国の現職ケアマネジャーの約半数が登録する、日本最大級のケアマネジャー向け専門情報サイトです。

ケアマネジメント・オンラインの特長

「介護保険最新情報」や「アセスメントシート」「重要事項説明書」など、ケアマネジャーの業務に直結した情報やツール、マニュアルなどを無料で提供しています。また、ケアマネジャーに関連するニュース記事や特集記事も無料で配信中。登録者同士が交流できる「掲示板」機能も充実。さらに介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の過去問題と解答、解説も掲載しています。